動中静有の人 上田耕一郎さんとの思い出集

集古洞銀の鈴記念館編

2011年刊 46判・上製 194ページ 定価:本体952円+税

 

ある共産党幹部から学ぶもの

故上田耕一郎氏はどう生き実践したか―

 

長く参議院議員を務め、野党を代表する論客として活躍した政治家、故・上田耕一郎氏(元共産党副委員長)。前共産党中央委員会議長・不破哲三氏の実兄、田中角栄氏の好敵手としても知られる。

 

「上田節」の語り口で庶民にも親しまれた上田氏。地域を愛し、人を愛したその人物像・エピソードを、元衆議院議員の工藤晃氏、松本義明氏、同級生でノーベル物理学賞受賞の小柴昌俊氏ら、40余名の多彩な顔ぶれが語る。

 

○地域で幅広く運動するためには

○組織であればあるほど個人を大切に。原則であればあるほど柔軟に。

○統一戦線とはどう連携するのか

○理論と実践を両立させてこそ

○酒を酌み、文化を身につけ、弱者を助け

 

略歴、著書一覧を収録。上田氏が描いた風刺漫画や年賀状、愛好した骨董美術品も紹介。

 

東銀座出版社 電話03-6256-8918

〒101-0061

東京都千代田区三崎町2-6-8

大室ビル402号

シニアのための自分史講座

人生の記録を自分史に残しませんか? シニア向け講座を開講中。

7月15日、TBS『あさチャン!』「やさしい文章教室」が特集

されました。