尊徳の風景 “貧国強兵”の近代と農業

阿部実著

2011年刊 46判・並製 210ページ 定価:本体1429円+税

 

ムキ出しの資本主義農業へ問う一冊!

 

二宮尊徳が銅像になったのはなぜか。

尊徳といえば、蒔を背負って本を読む勤労勤勉の「少年金次郎」として有名だが、戦中・戦後に銅像として全国に広がったその姿=報徳思想は、国策が生んだ虚構だった。

 

関東を中心に疲弊した農村610カ所を回り、農業革命に汗を流した尊徳。

今こそ知りたい、尊徳の農政家としての真髄に迫る。

長塚節の「土」の解説とともに、自然秩序・心的秩序と資本主義下の農業問題に切り込む。 

 

東銀座出版社 電話03-6256-8918

〒101-0061

東京都千代田区三崎町2-6-8

大室ビル402号

シニアのための自分史講座

人生の記録を自分史に残しませんか? シニア向け講座を開講中。

7月15日、TBS『あさチャン!』「やさしい文章教室」が特集

されました。