小説の方法

銀選書 葉山修平著

1994年刊 46判・並製 360ページ 定価:本体1745円+税

 

構成から表現方法までを分析した文章の手引き書

 

【目次より】

Ⅰ小説の方法について

 近代的自我と〈家〉、小説の〈告白〉と〈表現〉、他

Ⅱ短編小説の原型

 原型としての提中納言物語、他

Ⅲ小説の「構成」

 泉鏡花の方法、夏目漱石の方法、大江健三郎の方法、他

Ⅳ「人物」にみる方法

 通過儀礼について、他

Ⅴ「背景」にみる方法

 「背景」としての〈川〉、他

Ⅵ〈動物〉〈植物〉〈事物〉にみる方法

 島崎藤村『或る女の生涯』―犬、芥川龍之介『お富の貞操』―猫、他

Ⅶ超現実的方法

 原型としての落語、他

Ⅷ附録 小説の認識のために

 女性と文章教室、〈新しい文学〉の共通性、他

 

★北海道新聞、公明新聞ほかで紹介されました。

文学を志す者の手引書
北海道新聞1994年7月17日掲載
東銀座出版社 電話03-6256-8918

〒101-0061

東京都千代田区三崎町2-6-8

大室ビル402号

シニアのための自分史講座

人生の記録を自分史に残しませんか? シニア向け講座を開講中。

7月15日、TBS『あさチャン!』「やさしい文章教室」が特集

されました。