小説 安藤昌益 現代への伝言・自然真営道

林太郎著

1993年刊 46判・並製 248ページ 定価:本体1554円+税

電子書籍版あり

 

森村誠一氏推薦!

 

「他の為に生じて己の為にせず、是則医業の本體なり」

 

医学の原点『医戒』に定義された医業の理念を追求、その実現のために生涯を燃焼した安東昌益は、徳川封建制下で幕府の弾圧と戦いながら封建制の矛盾を痛烈に批判し、世の中で信じられていた釈迦、孔子、医理、学理、階級制度などの誤りを指摘する101巻93冊の救世の大著『自然真営道』を書き続けた。

 

江戸中期の忘れられた思想家であり、真理の体現者である安藤昌益を、本書は現代になんの違和感もなく移植。今日の時代にこそ最も求められる“道”であることを実証した。

 

★産経新聞、千葉日報、千葉民報、デーリー東北、しんぶん赤旗ほかで紹介されました。

しんぶん赤旗「潮流」掲載
しんぶん赤旗1993年11月4日
小説「安藤昌益」を刊行
千葉日報1993年9月20日
東銀座出版社 電話03-6256-8918

〒101-0061

東京都千代田区三崎町2-6-8

大室ビル402号

シニアのための自分史講座

人生の記録を自分史に残しませんか? シニア向け講座を開講中。

7月15日、TBS『あさチャン!』「やさしい文章教室」が特集

されました。