小説 樋口一葉 炎の挽歌

森本房子著

2012年刊 46判・上製 280ページ 定価:1619円+税

 

樋口一葉の恋

「たけくらべ」「おおつごもり」「十三夜」。極貧の中で傑出した小説を書き、生涯の恋人・半井桃水との烈しくも悲哀に満ちた恋に生きた樋口一葉。一葉が残した膨大で綿密な日記を読み込み、そのあまりにも早過ぎる24年の生涯に迫った。

 

「明治中期の時代背景の中、20代初めの年齢で、生活とたたかいながら文学を志し、次第に人間的にも作家としても成長していった一人の女性、一葉を描いてみようと決めました」ーあとがきよりー

 

(日本図書館協会選定図書)

 

★読売新聞で紹介されました。

一葉の恋 小説に
読売新聞2012年7月6日
東銀座出版社 電話03-6256-8918

〒101-0061

東京都千代田区三崎町2-6-8

大室ビル402号

シニアのための自分史講座

人生の記録を自分史に残しませんか? シニア向け講座を開講中。

7月15日、TBS『あさチャン!』「やさしい文章教室」が特集

されました。