野口雨情 名作の底に流れるもの

奈良達雄著

2012年刊 46判・並製 46ページ 定価:476円+税

※在庫切れ(重版予定はありません) 

 

誰もが子どもの頃に歌った「赤い靴」や「しゃぼん玉」などの童謡作詞で知られる詩人・野口雨情の魅力を伝える入門書。

 

雑誌『福祉のひろば』好評連載を単行本化。作品が生まれた背景、雨情が詩に込めた想いを解説した。

 

證城寺の狸囃子 / 柿 / 十五夜お月さん / 赤い靴 / シャボン玉 / 青い眼の人形 / 七つの子 / 黄金虫 / 重い車 / 兎のダンス / 俵はごろごろ / 人買船

 

★東京新聞で紹介されました。

野口雨情の研究本を出版
東京新聞2012年4月23日
東銀座出版社 電話03-6256-8918

〒101-0061

東京都千代田区三崎町2-6-8

大室ビル402号

シニアのための自分史講座

人生の記録を自分史に残しませんか? シニア向け講座を開講中。

7月15日、TBS『あさチャン!』「やさしい文章教室」が特集

されました。