東銀座出版社の自費出版

自費出版 他社との費用比較

 自費出版の見積りを取る際、提示された金額にどこまでの費用が含まれているのか、注意する必要があります。

 出版社によっては、基本製作費とは別に編集・校正費が必要となったり、付き物(カバーや帯)の製作費は別途である場合があります。

 また、新聞広告などの宣伝費として100万円以上の負担を求められることもあります。

 著書を広く普及したい場合には、書店配本が可能かどうか、著作権料の還元率も重要となります。

 印刷部数が多くなれば保管場所の確保も重要となりますから、在庫管理をしてくれる出版社かどうかも考慮が必要です。

 

  基本製作費 その他の費用 書店流通(配本) 総費用 著作権料 在庫管理
東銀座出版社 105万円 編集、校正、書店営業、図書館納入、マスコミ対策など全費用込み 105万円 50% 無期限
K社 70万円 カバーのデザインと印刷、編集、校正はそれぞれ別途費用。合わせてプラス約40万円 なし 110万円以上 30% 1年間
B社 230万円 広告料としてプラス100万円以上 330万円以上 3% 配本時のみ
印刷所 30万円(印刷のみ 編集、校正はなし。カバーのデザインと印刷でプラス約15万円 なし 45万円以上 - なし

(※四六(B6)判、150ページ、並製本、カラーカバー、300冊の場合)

戻る
東銀座出版社 電話03-6256-8918

〒101-0061

東京都千代田区三崎町2-6-8

大室ビル402号

シニアのための自分史講座

人生の記録を自分史に残しませんか? シニア向け講座を開講中。

7月15日、TBS『あさチャン!』「やさしい文章教室」が特集

されました。